-5歳肌?

化粧下地、正しい順番で使っていますか?もしその順番が間違っているなら、なんと化粧下地の効果はほとんど得られません。顔を洗ってからつけるのは化粧水です。これにより肌の補水をおこないます。美容液を使いたいという人は化粧水の後になるでしょう。最後に乳液、クリームとつけていくのが正しい順番で、水分を肌に染みこませてから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのです。化粧下地の必要性に疑問を感じている人もいます。毎日の化粧下地を全くはぶいて肌力を生かした保湿力を失わないようにするという原理です。でも、メイクをした場合、クレンジングは必須ですし、クレンジングの後、肌を無防備にしておくと肌の乾燥が加速します。肌断食を否定はしませんが、肌とよく相談をして、化粧下地することを御勧めします。正しい化粧下地をおこなうには自分の肌の状態を理解し、方法を変化をつけなければなりません。肌の状態は毎日変わっていくのに同じやり方で、化粧下地を「お肌のお手入れはできている」と思い行なえばいいワケではありません。特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、生理前などお肌に影響がありそうなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというように変えてあげることがお肌のためなのです。肌にふれる空気や気候に応じて使いワケることも化粧下地には必要なのです。皮膚をお手入れする時にオリーブオイルを用いる人もいるでしょう。オリーブオイルでお化粧落としをしたり、フェイスマスクのように塗ったり、よく小鼻に溜まり易い皮脂の汚れをきれいに落としたりと、使われ方は一つではないようです。ただし、良いオリーブオイルを用いなければ、肌が困った状態になる事もありますからす。同様に、自分には適合しないなと思った場合も即、使用をとり辞めるようにしてちょーだい。化粧下地のための化粧品を選ぶ際には、お肌にとって刺激的な成分ができるだけふくまれていないことが一番のポイントです。保存料のようなものは刺激が強いのでかゆみ・赤みなどの肌トラブルを引き起こしがちなので、どういった成分がふくまれているのか、きちんと確認しましょう。また、CMや口コミに飛びつかず自分の肌にあったものを選びましょう。
あわせて読むとおすすめ⇒BBクリームが50代の肌をカバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です